社会に人に信頼される ものづくり企業であり続けます

代表取締役社長 山口 克己

「卓越した技術と信頼で、
社会の未来に貢献する」
の企業理念のもと、全社一丸となって
良い製品とサービスをお客様に
提供しています。

三井E&Sグループを素材事業で支える

当社は(株)三井E&Sマシナリーの子会社として、鋳造素材製造を通じてグループの事業を支えています。

製造している製品は、舶用ディーゼルエンジンのシリンダフレーム、軸受け台やケーシング、工作機械のベッドやコラム、 産業機械用タービン・コンプレッサーのケーシングやバルブ等、幅広い産業分野に「鋳鉄・鋳鋼」素材を供給しています。 拠点は、北から伊達鋳鋼事業部、鋳鉄事業部/岡崎、鋳鉄事業部/篠山、玉野鋳鋼事業部と3つの事業部・4つの工場があり、 歴史も一番古くは玉野の1919年発足で100周年を超えました。三井ミーハナイト・メタル(株)に 社名変更してからも、まもなく40周年を迎えます。
それぞれの工場は先人の方々が築いてきた技術・技能を受け継ぎ、それぞれの得意分野で業界に貢献しています。

日本の工業製品の根幹となる素形材産業の担い手の一つとして、それぞれの事業部の歴史を踏まえて、 更により新しいことに挑戦ができる会社を目指しています。

日々改善、日々実践の継続による意識向上

日々改善、日々実践の継続による意識向上
 「ものづくり」において重要なことは、常に現状を変え、より良くしていく事により、お客様に満足のいく製品を提供し続けることだと考えます。鋳造というものは古くから行われ、一見その技術は確立できていると思われがちですが、わたしたちの手掛ける製品は量産品とは違い、まだまだ確立できていない部分があります。それは、いわゆる技能という人間系(ひとの力)頼らざるを得ない物づくりだからです。それゆえ、わたしたちは社員一人一人の能力を向上させる為、「日々改善、日々実践」をキーワードに改善活動を推進し、自主性、問題意識、改善意識の向上を図り、「人づくり」、「職場の活性化」にも繋げたいと思います。また、高められた改善意識を原動力に、新しい技術の導入など、新しい事へのチャレンジを繰り返し、新しい「ものづくり」へと進化させてまいります。

風通しのいい活気あふれる職場づくり

 わたしたちの製品は舶用部品、工作機械部品、プラント産業機械部品など多岐に及び、仕事も多工程に渡ることから、 前後の工程間での情報共有が重要になってきます。 さらに、木型工程の木材、造型工程の砂、溶解工程の鉄、そして補修工程、非破壊検査等、扱う物も職種も大きく違います。 だからこそ、コミュニケーションを活性化させ、風通しのよい活気あふれる職場を築き、全員がベクトルを合わせて進むことのできる職場風土が必要です。
 また、この職場風土は、改善活動や新しい事へのチャレンジの成功の鍵となると考えます。それに加え、グループ内、グループ間でのコミュニケーションは、チームワークを醸成し、仕事をスムースに流す為の潤滑剤となり、仕事で「わくわく感」を味わうための大切な要素になると思います。一人で悩むより、全員で悩む方が、仕事も楽しくできるものではないでしょうか!この職場風土を「他社が真似できない組織風土」まで高め、【わくわく感】が味わえる職場を目指してまいります。

Copyright © 三井ミーハナイト・メタル株式会社 All Rights Reserved.